上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20S種牡馬評
20S種牡馬評です。
20S種牡馬評


1:トゥールザロック
所有者:いましんさん
代表産駒:ゼニガタチョコ(所有者:銭形平次さん)・スパイラルサウンド(所有者:ファイアーボールさん)
老いて尚盛ん。
一位はトゥールザロック。
20Sではスギヤマカワイオー(所有者:超悲惨ダー杉山さん)も登場。
アイスバーン(所有者:医龍さん)で始まりアジュガ(所有者:トリカゴさん)、トゥールザロックと来て、アス鯖で繁栄している血統。
子だしは良いのですが、どうも適性のノリが悪い感じなのですが気のせいかしら。
芝適性Aならば、Sくらいに軽く化けても良いはずなんですが。
14歳という高齢もあり後継格種牡馬も多々いますが、どうもパラ的に見劣りするなぁという印象が。
完璧な後継(適性も乗った分)をお待ちしています。
一番後継に近いのはグロウジェニック(所有者:ファイアーボールさん)かな。


2:ディープグレース
所有者:アルザスさん
代表産駒:ギンタブスペディオ(所有者:まろさん)・ジェルトリュード(所有者:閑人さん)
シャーリーマンソン(所有者:トリカゴさん)の猛威によって二位にランクイン。
クラシックに出るには少々成長が間に合わない成長ではありますがレベルアップには中長距離が必須になりますので中長種牡馬のメインを当分張りそう。
とはいっても、血が先に進んだルーンリトグラフ(所有者:閑人さん)の登場により此処で真価が問われる。
血統の使いやすさでいえばディープグレースのほうが上ですが、ルーンリトグラフの方はあのルーンメイデンの仔でもあり人気がどちらが高くなるか、また子だしはどうなのかが見物です。


3:オシレーター
所有者:フロントオフィングさん
代表産駒:ステレオキャスター(所有者:スコッチさん)・フォレブルーダイヤ(所有者:たけはさん)
コールドカット系(トゥールトゥ系)正統後継。
変異分のポコレーダー(所有者:ヒロポコさん)が大活躍。
芝適性SSがやはり大きく子出しも上々。
あえて言うならば、ボールドルーラー系はトゥールトゥの系譜が目立ちつつあり血統的にいつか行き詰まることが出てくるのではないかと思います。
産駒のステレオキャスター(所有者:スコッチさん)が後継候補として出ていますがオシレーター自身まだまだ種牡馬生活が長いので此からも人気が出そうですね。

4:スティグマータ
所有者:祠堂小雪さん
代表産駒:ワンフォアオール(所有者:ここさん)・ダンシングフウコ(所有者:アップルパイさん)
スティグマータ脅威の復活。
産駒傾向と同じように息の長い人気・・・というか、むしろ最近まで殆ど非公開状態でしたし血統が主流と違うブラッディシーザー系と、アウトブリードしやすいのも理由の一つかなと。
牝馬で当たり馬が多く、後継と言った後継はまだいない形。
アストロアーク(所有者:卜部さん)や其の産駒のクィーニー(所有者:蘆花さん)が近いと言えば近いのですが・・・。
是非全体公開種牡馬で後継格が出て欲しいものです。

5:タニノギムレット
所有者:システム
代表産駒:特になし
評価できません。
其れはシステム種牡馬だからどうこうではなくて。
頭数243で、出走数999のカウンターストップ状態。
で、着外999?
勝馬率7%?
アーニングインデックス0.63?
余りの莫迦具合に次に行こうかと思いましたが、次はアグネスタキオンか。
アグネスタキオンも似たようなものですね。
システム種牡馬が数で押し切ったような形でランクイン。
はい、どうでもいいです。


・20S総括
キャット一族、パティシエの陥落以外は余り大きな変動もなく。
大きく種牡馬ランクが変動するような種牡馬の登場は無かった模様。
やっぱりどうも、其処までの異色の存在は出ないようですね。
また、システムの血が色濃いという古い種牡馬がランクインするというのは、逆に言えば新しい最近の血が魅力として負けているということ。
つまり最近の種牡馬が「良くある血」でありすぎてクロスが多重発生するとも言える。
古い種牡馬の方がシスの血が濃くても使いやすいというのは皮肉なことではないかな?
もっと活力のある、新風を巻き起こすような種牡馬を待望したいですね。

・21S展望
ブキャナー(所有者:我妻涼さん)も2歳戦線は本領じゃなくとも、中々頑張っていますね。
本格化始めたブキャナー産駒が猛威を振るいそう。
実際早熟中路線がブキャナー産駒だらけ。
此にキャットフォース・フリークス親子が喰われた感じではないでしょうか。
どうも変異しやすい血統に思えますが、本格化するのは此からではないかなと。
ヌレイエフ系というある種の異系。
発展を期待します。
あと、ルーンリトグラフ。
医龍さんのルーンメイデンの仔であるということから、古豪の方々が付けそうな印象を受ける。
ネックは適性がAであることですが、肌馬によって補強できるならば(というか、大概の人がそうするでしょうけれど)十分通用すると思われ。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
21S1月2週
NEW Topics
45/8/2
45/6/4
45/6/1
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

唯識

Author:唯識
競馬伝説Live!のアスコットサーバで活動中
私立恵泉女学院の執行部によるBlog

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
Pictlayer

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。