上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第20S年度代表馬選考発表。

栄えある第20S年度代表馬は・・・。
41票中21票を得たヴァイスクロイツ(馬主:吉野家のかづ)に決定!

コメントをどうぞっ。
・これで 決まりですね。 戦績から判断。
・シーズン通してのG1での活躍から
・倒してきた相手が違うかと
・間口の広さはスバラシイですね!
・血統もいいし、あの早さは神
・20S通して勝ってるのはクロイツでした、早かったです!
・このシーズンの王だろ、こんだけ勝てば

唯識のコメント。
距離適性がクラシックを取るために生まれたような20-24適性。
かつ、ネイティヴダンサー系という異端血統。
皐月賞/ケンタッキー/凱旋門賞/天皇賞(秋)/東京大賞典という勝利数。
本来21Sの戦歴は含まれませんが、イベント中にも川崎記念、ドバイワールドCも勝利しているという・・・。
母親のカナデ自身、鯖でトップの名牝だと思っているのですが流石に其の子は早かった。
あと1~2勝すれば鯖の競走馬成績トップ10にも入るので是非頑張って欲しいです。
カナデはバゼリアに年度代表の座を奪われたので、其のリベンジも出来たのじゃないかなと。

おめでとうございましたっ!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
21S4月4週
NEW Topics
45/8/2
45/6/4
45/6/1
Comment
今Sも年度代表馬選考を実施していただきありがとうございました^^
おかげで私も念願の恵泉主催年度代表馬のタイトルを手にすることができました。
言いたかったことはタダシキさんに本文で取られちゃったので
この馬の配合コンセプトでも書かせてくださいw

この馬の配合コンセプトは「多重クロス」です。
カナデ自身も私にはもったいないくらいの名牝ですので
まあぶっちゃけ何をつけてもそれなりの馬は生まれるのですが
こういった高パラ繁殖には概して「ニックス+アウト」を主眼に
配合をなさる方が多いように感じます。
もちろんそれ自体を否定したいということではなくて
私のようにダビスタで多重インブリードで最強馬を作ってた世代ですと
インブリードこそまさに最強の配合だ!とすら思ってる方も多いと思いますし
ジークレが言うには、隠された配合の概念もまだあるとのこと。
長々と書いてしまいましたが
強い馬が生まれる理論というのは一つではないというのが言いたかったんですw
もちろんベターな選択というのは存在するのでしょうが
多重クロスもその中に十分含まれ得るということを示せたのならば
これ以上ないくらい喜ばしく思います。


というか最後は運ゲーwwwwwwwwwwww
長々と読んでくれた人すまそwwwwwww
まずはおめでとう御座います。
本文で取ってごめんなさい(笑

配合コンセプトですか~。
中々強い馬って出ませんものね。
「ニックス+アウト」が主流なのも因子付きのユーザー種牡馬の少なさも原因の一つではないかなーとか。
とりあえず、多重クロスが有効になるには因子付きのクロスじゃないとですねー。
名声値も出来たことですし、クロスが此から増えると良いな(笑

運ゲー言われると確かにΣ(・ω・ノ)ノ
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

唯識

Author:唯識
競馬伝説Live!のアスコットサーバで活動中
私立恵泉女学院の執行部によるBlog

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
Pictlayer

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。