上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22S種牡馬評
22S種牡馬評です。
22S種牡馬ランキング

大きな変化としてはトップ入れ替え。
前回一位だったディープグレースの陥落と、ブキャナーのトップ君臨。
では順番に見ていきましょう。

1:ブキャナー
所有者:我妻涼さん
代表産駒:エノトリーアテルス(所有者:みどり牧場さん)、ポニーチタニア(所有者:ひまわりさん)
早熟中距離の雄、ブキャナーがトップ。
ヌレイエフ系自体ネイティヴダンサー/ボールドルーラー/ミスタープロスペクター/サウンドマックスの四系統しかニックス相手が居ない異系だが、結局主要血統が押さえられているので種付けしやすい存在。
逆に言えばミスタープロスペクター/ボールドルーラーの二系統が飽和しているということ。
産駒を見れば、22Sで言えばオーバン(所有者:リッキーさん)とミッチーラズベリー(所有者:ミッチーさん)の二頭がG1勝利。
OP路線を勝ち続けたアンチパラボックス(所有者:なんぴとたりともさん)やポニーメティス(所有者:ひまわりさん)の存在もある。
血が繁栄するまでまだかかりそうな印象を受けるのでまだまだ人気は衰えないのではないかと思われる。

2:ハナビラマンカイ
所有者:ジョン太郎さん
代表産駒:コバチンキャプテン(所有者:アイルトンさん)、ミッチーココロ(所有者:ミッチーさん)
産駒にG1馬こそ生まれなかったものの、産駒が古馬になって本格化しはじめたこともありランクイン。
稍早熟(早)ではあるが、産駒の成長は全体的に少々遅め。
そろそろG1馬がミッチーイクリプス(所有者:ミッチーさん)以外にも出て欲しいところではあるが、どうか。
同成長同距離適正同系統にはライバルになりそうな種牡馬も多いので今後厳しいのかもしれない。

3:ディープグレース
所有者:アルザスさん
代表産駒:トルネードエッジ(所有者:吉野家のかづさん)、ギンタブスペディオ(所有者:まろさん)
王座陥落。
産駒にG1馬が出なかったことも痛かっただろうけれど、後継格の種牡馬が多数出現したことにより種付けの分散が起こったのではないか。
また、鯖全体にディープグレースの血が広まりきったのも原因の一つかもしれない。
血統は比較的使いやすいが、前述の理由から徐々に人気は下火になっていくのではないか。

4:エアロプラネット
所有者:シンさん
代表産駒:ハナビラマンカイ(所有者:ジョン太郎さん)、コバチンパートナー(所有者:コバチンさん)
後継にハナビラマンカイが居て、種付けの人気としては分散しがちなのにランクイン。
理由として、ハナビラマンカイと同配合のコバチンパートナーやパイプドクター(所有者:カズさん)の存在があげられる。
この二頭がG1を勝利することによって賞金の底上げが起きたのだろう。
血統としては名種牡馬のホーリーナイツやムーンプレシャスが色濃くアウトブリードしにくい印象を受ける。

5:ディープインパクト
所有者:システム
代表産駒:特になし
産駒数728頭と群を抜き、代わりに着外数999以上。
E.indexは「22Sの種牡馬ランクにおけるtop10の最低」0.51であることから評価不能。

・22S総括
ミスタープロスペクター人気は変わらないが、其の産駒の牝馬の相手にブキャナーを選ぶ人が多かったのではないか。
実際ブキャナー自身、鯖に残っている名種牡馬の血が無くアウトブリードにしやすい事もある。
一時期早熟中距離はキャットフォース(所有者:セツナさん)とキャットフリークス(所有者:セツナさん)に席巻されていたのだが、完全に入れ替わった。
また、全体公開長距離種牡馬の殆どが、ポコクラウン(所有者:ヒロポコさん)の系譜に。
ポコクラウンの血の優秀さが伺われるが、今度血統が閉塞することにならなければ良いが・・・。

・23S展望
ギンタブスペディオ(所有者:まろさん)の後継であり、適正補強されたギンタブロメオ(所有者:まろさん)が公開され一段とディープグレース離れが進むかもしれない。
しかし実績を出さないと産駒数も増えず、産駒数が増えないと活躍馬も出にくい。
今S生まれる産駒達がどんな風になるかが問われる。
また、23Sがラスト(現15歳)の種牡馬も多く、後継なしで消えていくには惜しい。

全体公開種牡馬としてはミスタープロスペクター系が多く、何とか他の系統も発展して欲しい。
ヘイロー系を一気に復興させたディープグレース、ポコクラウンのような種牡馬の出現を待つしかないのではないかと思うが、マイナーな血統を期待繁殖に付ける人も多くはないので難しいか。
期待するのはリファール系のラウベリ(所有者:我妻涼さん)とヴァイスクロイツ(所有者:吉野家のかづさん)の二頭。
サーバ全体の血統の活性化の為にも産駒には頑張って欲しい。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
23/1/2
NEW Topics
45/8/2
45/6/4
45/6/1
Comment
記事おつかれさまでした。
客観的に見てブキャナーは数の割には大物が少ないと思いますね。
今年の3歳もいい話しを聞かないしそろそろやばいかなとw
あと種付料高くてすみません。。いつも変更し忘れる
ありがとうございます^^
まぁ、ブキャナーのお嫁さんが最高繁殖ばかり・・・ってわけじゃないので其れは仕方のない面が・・・。
きっと、また皐月をねらってくる馬がいるかも!
中距離は何処を見ても大概ブキャナーズがいます(笑

種付け料は、実績もパラもすばらしいですしもっと高くてもいいんじゃあ?とこっそり思ってますよ(笑
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

唯識

Author:唯識
競馬伝説Live!のアスコットサーバで活動中
私立恵泉女学院の執行部によるBlog

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
Pictlayer

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。