上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24S種牡馬評
24S種牡馬評です。

24S種牡馬評

24Sはマキナセフィロトが突如ランクイン。
久しぶりのノーザンダンサー系復興。
後は従来のランキングと特に変わらず。
では順番に見ていきましょう。


1:マキナセフィロト
所有者:唯識
代表産駒:ルナティックビート・ナスドムドー
ノーザンダンサー系稍早熟(早)中距離種牡馬。
此のランクインは産駒数の多さとG1馬の出現によるところが大きく評価するにはまだ早い。
産駒数は500を超えていて、数で押し切った感も否めない。
距離表示は中距離表示だが、実際は2100-2500の距離幅なので中長種牡馬。
血統は異系で出来上がっており使いやすいので此以降の産駒の出により評価が変わってくるのではないか。
25Sの途中よりマキナセフィロト系に切り替わる物珍しさからも評価はまだ様子見。


2:ラウベリ
所有者:我妻涼
代表産駒:アロースイング・ビーフレッシュ
リファール系稍早熟(早)短距離種牡馬。
産駒の出も安定しているのだが、大きかったのはアロースイングの存在。
アロースイングは距離化けした産駒だったが中距離における24S最強馬と言っても過言ではなかった。
短距離馬自身需要としては少ない印象を持っていたのだが異系ということや実績十分なこともあり此からも人気が出そう。
しかし、短中化けした後継種牡馬のビッグラヴベリの存在もあるので今後どうなるか。

3:アヅラエル
所有者:さー
代表産駒:リターントゥザシー・パルテノエル
ボールドルーラー系早熟中距離種牡馬。
昨S産駒が好調だったこともあり人気が出た。
G1馬も出たこともありランクイン。
産駒が安定して走る傾向にあるがシアトルスルーから派生したボールドルーラー系にしては珍しく距離幅400の種牡馬に見える。
同じ早熟中距離ボールドルーラー系の種牡馬が二頭追加されたこともあり此処からが正念場。
まだ牡馬後継がいないことから、実績のあるアヅラエルを使う人の方が多いかもしれない。

4:ディープグレース
所有者:アルザス
代表産駒:トルネードエッジ・ギンタブスペディオ
ヘイロー系稍早熟(遅)中長距離種牡馬。
今シーズンも安定して産駒が走るが、特にアズキプリンセスの存在が大きい。
年齢も高齢ではあるが遅めの成長なこともあり古馬補正等でプラス要素も大きいし血統が使いやすい。
しかし高齢なこともあり、孫のルーンリトグラフが今回オリジナル血統になることから種付けは其方に流れるのではないか。

5:アグネスタキオン
所有者:システム
代表産駒:特に該当無し
システム種牡馬なので割愛。

・24S総括と25S展望
異系のロカラズールもランク6位まではいったがトップ5からは漏れた形に。
一時期のミスタープロスペクター系の隆盛により、その系譜の牝馬が異系種牡馬につけられて産駒が活躍している印象。
G1勝利馬も親がばらけた感じになり、サーバの種牡馬が活性化したシーズンではないかと。
一つの種牡馬の人気は血統的にも飽和することが目に見えている。
前述のロカラズールも後継かつパラアップのビートメイカーが現れてダンチヒ系が隆盛するかもしれない。

RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
25/1/2
NEW Topics
45/8/2
45/6/4
45/6/1
Comment
休憩中に種牡馬評読んだんですがおもろかったっす!今後も楽しにしてまっせ(-.-)y-~~~
楽しんでもらえたなら良かったよ^^
今後・・・誰かこの企画引き継ぎませんかね・・・(笑
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

唯識

Author:唯識
競馬伝説Live!のアスコットサーバで活動中
私立恵泉女学院の執行部によるBlog

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
Pictlayer

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。