上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんか、昨日のオークスに負けたのを微妙に引きずってるようです。
結構自信があったのに、此の程度じゃ勝てないのかぁとしょんぼり(笑

今晩和、唯識です。
上には上がいるということですねー。
仕方ないのでオープンを狙わないといけないのですが、此の時期はまだ中長のオープンも少なくて予定が立てれないや。
なので、前回でもうピーク完璧になったことだし繁殖にあげようかとも悩んでいたり。
どうしよ。
今なら稍早熟(早)でも生産が間に合うしなぁ・・・。

あぁ、駄目だ、そんな風に考えちゃいかん(笑
まぁそんな事は良いとして。

昨日、馬主会チャットで少し話題になったのですが「ニックスって本当に個性の影響を受けないの?」という話。
どうなんでしょうね、此。
一応公式には「受けない」って事になっているのですが、聞かれたので話題にしてみます。
唯識個人ではやっぱり影響はないと思うのですけれどねぇ。

ニックスのみだと少量のプラスという事に昔から公式見解ではなっていましたが、其れをまともに受け取ると簡単にユーザ血統の馬はオールSSに成っていることになる。
しかし、実際はそんな事は起きませんよね。
つまり「少量のアップを基本」にして其処から、ある程度の「プラスマイナスの振れ幅」で能力補正が考えられます。
まぁ他にも要因はあるのでしょうが、解らない、知らない要因があった場合はそれが原因なんでしょうし。

つまり・・・。
攻略ガイドに書いてある「パラメータの変動」は、「其れを基本としてプラスマイナスの振れ幅が付与される」が正解じゃないかなと。
なのでニックスをしていても、「個性による相性のパラメータ変動」が起きると錯覚するのかなー?

実際個性なし繁殖や種牡馬から毎シーズン誰かが活躍馬をだしていることを考えるとニックスでも個性の影響を受けるというのは考えづらい。
やっぱり個性の影響ってうけないんじゃないのかな、ニックスだと。
うちは余り気にしてない上、個性付き繁殖が少ないので・・・(´・ω・)

まぁ、実際のところはどうか判りません。
各自で好きな結論を持てば良いと思いますしね(笑

まぁ、こんな感じで馬主会向けに記事を書いてみました。
一応馬主会blogだしね、此!(笑

では、今日の競争結果です。
やくもさん、東京優駿勝利おめでとっ!
天野さん、ベルモントS勝利おめでとっ!
3歳未勝利
ディルドー(はるか)
モモケットランス(吉野家のかづ)
セルフィーズ(吉野家のかづ)
スピノリファレンス(すぴあ)
ナモナイハナノタメ(大河内三郎)
スピノグレイス(すぴあ)
スピノムーン(すぴあ)
ダンシングシンボリ(あるふぁん)

3歳500万下
レナスオブジェクト(レナス)

4歳上500万下
ハルカロールオー(はるか)

4歳上1600万下
マキナヴィルアグ(唯識)

4歳上オープン
ゼニガタアップ(銭形平次)

有松特別
カブキニーナ(歌舞伎)

東京優駿
ミコトヨロヨロ(やくも)

ベルモントS
ドツカレーノ(天野周矢)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
30/6/2
NEW Topics
45/8/2
45/6/4
45/6/1
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

唯識

Author:唯識
競馬伝説Live!のアスコットサーバで活動中
私立恵泉女学院の執行部によるBlog

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
Pictlayer

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。