上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベルヴェルクのパラメータの低下が止まりました。
ピークアウトなのか何なのか、いまいち良く判りません。
パラメータが落ちたといっても、微々たるものなんですが・・・。
現役続行なら嬉しいなぁ。
いずれにせよレースは明日ですしねぇ。
登録頭数も多いですし、どうなることやら。

今晩和、唯識です。
近況メールに恐々としております。

さて、31シーズンの配合予定計画を現在立てつつ。
全体公開で気になる種牡馬は以下のとおり。

ボスヤーウェ:フェアウェイ系早熟中距離
ヘリカルライジング:ヌレイエフ系稍早熟(遅)中距離
キャットマッチョ:マキナセフィロト系稍早熟(早)中距離
キャットルシファー:ヌレイエフ系稍早熟(早)中距離
ロカスカイセンサー:マキナセフィロト系稍早熟(早)中距離

全部中距離なのは仕様です。
ボスヤーウェは期待のフェアウェイ系で朝日杯勝利の時からずっと気になっていた馬。
ヘリカルライジングは、父は引退したトリカゴ君の忘れ形見のエイリアンゾンビ産駒で母はマキナドッグディズなので、思い入れによる配合とスリーディー系の仔出しの良さに賭けてみる。
キャットマッチョは、うちが使わなくても勝手に伸びそうですけれどキャットマッチョ大戦もあるそうですし、参加しようかなってことでやはり良い配合にしたいなと思ってます。
キャットルシファーは名前がお気に入りなのと、引退した祠堂小雪さんのリトルオーディーンの血がまだまだ濃く、稍早熟(早)に化けたってのが大きい。
ロカスカイセンサーはマッチョ一族が此からは発展するだろうし、別な方向からセフィロト系を伸ばしてみようかなってのがありまして。

全体公開種牡馬はこんな感じですね。
同じくフェアウェイ系のピュースドンも気になるのですが此方はまだ現役ですし、予定として組み込むにはまだ早いかなと。

馬主会種牡馬や自家製種牡馬が一応メインなので其処まで全体公開種牡馬は使わないんですけれどね。
後は今まで基本的にミスタープロスペクター系を避けていたのですが、少しずつですが使っていこうかなと。
まだ様子見ですが、ST持続のダブル因子を持つディオッソリアが結構楽しそうかなぁなんて思ったりしまして。

馬主会公開種牡馬は自家製と異系中心。
前にも言ったとおり今回はロベルト系とセキシンマイハート系を多めにやるつもりです。
さんがロベルト系で良い二歳を持ってるみたいなので唯識が余り頑張らなくても良いかもしれませんが(笑

では今日の競争結果です。
2歳新馬
ムラムラマティーニ(はるか)

2歳未勝利
カブキブルー(歌舞伎)

3歳未勝利
スッゴイアルカナ(吉野家のかづ)
フィオナルイーゼ(天野周矢)
エルランドディアナ(こぱんだ)
ゴッドガッツ(サフィン)
シュガーファースト(シュガーハート)

3歳上500万下
マキナジェドフヘル(宮小路瑞穂)
スピノリファレンス(すぴあ)
ルナフォーチュン(Witch)

3歳上1000万下
ミコトリロート(やくも)
ミコトタロット(やくも)

3歳上オープン
ルナティンクル(Witch)

フェニックス賞
ウェルミマル(ウッチィ)

五稜郭特別
マリスユイオリシア(尚)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
30/8/3
NEW Topics
45/8/2
45/6/4
45/6/1
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

唯識

Author:唯識
競馬伝説Live!のアスコットサーバで活動中
私立恵泉女学院の執行部によるBlog

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
Pictlayer

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。