上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今晩和、唯識です。

或る馬主会で「唯識引退説」が流れてることを、今日フリレにて初めて知りましたが・・・。
現状では別に引退する気は特にないですよー。
別に引退しても良いけど(笑

某所で攻略系記事をやってるのでうちも、ちょこっと考察してみましょうか。

特に他のネタも思いつきませんし。

・持続について
・良紛れとは?
・ピークアウトについて

の三本でいこうかしら。


では、一つ目。
・持続について
馬の裏パラの一つ。
裏パラは持続・重馬場適性・脚元の三つがありますが、競争成績に関わりそうなパラは前の二つ。

重馬場適性はそのまま、馬場状態によるタイム減算を軽減するパラです。
高ければ高いほど不良馬場であっても時計落ちが少ない。
現状では重馬場蹄鉄付ければ幾らでもひっくり返すことが出来るようになったパラの一つですね。

で、問題の持続。
持続ってなんだろう?

唯識は「馬の全力」を出すための能力だと思っています。
持続が高ければ高いほど安定して能力が出ると。
低いならば、全力も出ないまま(本当の時計も知らないまま)競争成績も終わる。
そんな感じの認識。
気性や根性も同じ扱いでいるんですけどねー。

で、次に行きます。

・良紛れについて
上からの派生の考え方ですけれど、結局良紛れだと思っているものは「其の馬の全力」じゃないかなと。
「本当に紛れ」ならばもっと時計の振れ幅が大きくても良いんじゃないかなと思うからなのですけれどね。
大体0.1-0.4くらいで良紛れ時の時計は振れてる気がします。

例えば、マイル1.32.0しかフリレで出ない馬はどう紛れても1.30.0は出ません。
そういう事例を知らないだけかもしれませんが。

良紛れ時の時計の振れ幅がプログラム上設定されているのなら別ですけれどねー。

実際の所はプログラムを見るしかないですが、「唯識の認識」はそんな感じです。
で、持続・気性・根性の三つのパラが高ければ高いほど「SP・ST・瞬発・PW・馬場適性からはじき出される全力の時計」に近い時計が出る(逆に言えば、良くも悪くも紛れにくい)って感じではないかなーと。

ですが・・・。
もう一つこっそり裏パラがあります。
「精神的ストレス」ってパラですねー。
此は全相馬でも現相馬でも見えません。
こっちは悪紛れと言われる時計ダウンに繋がっているんじゃないかなーと。

・ピークアウトについて
この仔は、成長力はちょっと落ちてきたけど、まだまだ経験でカバーできますよ。
調教で気になるところは何もないですね。カンペキです!


此のメールの時って、「持続」「気性」が先に落ちて他のパラが落ちるまでに結構余裕があるような。
現相馬使ってないと何とも言えないんですけれど・・・。

ちなみにピークアウト時の近況メールは二種類あります。
まだ標本数少ないので即断は出来ませんけどね。

「100回中95回の計測がAである」からといって、「其れがAである」という確率は「95%である」わけじゃない。
「200回やってみたら、それ以降一度もAという結果が出なかった」ということにならないとは誰にも言えないわけですし。

持続については・・・重賞の半分くらいを持続Bの馬でとってますから、実際どうなんでしょうねー。
他のパラ良ければ、またはある程度の持続があればなんとかなるのかもしれません。

こんな感じで体感的な事を書き連ねてみました。
ですが、あくまで唯識の体感ですので事実はさっぱり。
読み物として楽しんで貰えれば幸いです。
ま・・・理屈捏ねたって勝つのは強い馬ですから(笑
うちの子は全く勝てませんしね!

あと、一応暦上は秋なので・・・秋らしいテンプレートに変更してみました。


そんなこんなで今日の競争結果です。

2歳未勝利
ネクロフレイヤ(唯識)

3歳上1000万下
ミコトアッシド(やくも)
スピノダークニール(すぴあ)

りんどう賞
ネクロアトラシア(唯識)
NEXT Entry
20S10月3週
NEW Topics
45/8/2
45/6/4
45/6/1
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

唯識

Author:唯識
競馬伝説Live!のアスコットサーバで活動中
私立恵泉女学院の執行部によるBlog

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
Pictlayer

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。